IPL(光治療)の効果  



当院では、SYNOSURE ICON を使用しています。レーザーと異なり IPL(intense pulsed light)治療器は、広範囲の波長の光を照射し、シミの除去、肌のくすみや張りを改善します。光そのものはレーザーより弱く、その分、効果も限定的ですが、皮膚に大きな侵襲を与えないメリットがあります。施術時間も短く、肌へのダメージも少ないので、終わってすぐに洗顔やメイクをすることが出来ます。

 

照射部分は、冷却装置が稼働しているため、治療中の痛みが少なく、またレーザーと違い治療後の発赤も軽度で、安心して施術が受けられます。

 

また、ハンドピースを変更することにより脱毛が可能です。これまでの機器と異なり,照射部分の冷却装置により、脱毛でも痛みは少なく、同時に美肌効果が期待できます。

コンタクトクーリングシステム


先端照射面が 4℃ まで冷却されるため、トリートメント中も安全性が高く、 痛みも最小限に抑えられます。
 脱毛、しみ除去等の場合、痛みは、色に反応した部分で輪ゴムにはじかれたような感覚がありますが、我慢できる程度の痛みです。 


フォトフェイシャルとは

I P L という光を照射し、しみや、しわ、くすみ、そばかす、赤ら顔などさまざまな肌のトラブルを改善する最新の美容医療です。皮膚を活性化し、コラーゲンを増加させる効果もあります。

 

脱毛の原理

レーザー や IPL を照射するとメラニンが反応し、熱エネルギーが毛根に集中して吸収され、さらにその熱は周囲に広がって毛根に接している毛包や毛乳頭を焼灼します。
メラニンが多ければレーザーや IPL の吸収も良くなります。
当院では、SYNOSURE ICON  IPL 治療器を用い、冷却の効いたハンドピースで、 従来のレーザー脱毛に比べて格段に痛みの少ない効果的な脱毛を行います。 


毛周期(サイクル)

毛には、このように主に4つの毛周期(ステージ)があり、成長期の毛にIPLを照射することで脱毛されます。従って、理論的には各ステージが1か月として、1か月に1回で最低4回~5回の施術が必要となります。


脱毛原理